ほくろ除去したいなら美容クリニックへ!ほくろのメカニズムと除去法

ほくろ除去の方法

女性

炭酸ガスレーザーとほくろ除去

ほくろ除去を考えている場合、美容クリニックや皮膚科でカウンセリングを受け手術方法を検討していく流れになります。ほくろ除去にはいくつかの方法があるのですが、その中でも一般的な方法が「炭酸ガスレーザー」となっています。炭酸ガスレーザーの特長は、なんといっても使用する機器にあります。炭酸ガスレーザーが発せられる機器を用いて、ほくろに照射を行って患部の除去を行っていきます。ほくろに含まれる水分に反応した炭酸ガスレーザーが、熱エネルギーに転換され蒸散作用を起こすことでほくろ除去が行えるのです。この方法であれば、手術時間も一瞬ですから除去するほくろが多くても、1時間前後と短時間で終える事が可能です。また、レーザーを使用する手術では皮膚表面や、肌の浅い部分にできたほくろだけを除去するので、患部の傷が癒えるのも早く出血も熱凝固作用により早くおさまります。ほくろ除去にかかる手術時間を短時間で終えたい場合は、この炭酸ガスレーザーが最も有効な方法だと言えるでしょう。

LP-YAGレーザーとほくろ除去

炭酸ガスレーザーとは別に、「LP-YAGレーザー」という機器もほくろ除去に使用されています。LP-YAGレーザーは、ヘモグロビンに反応し九州されやすい波長のレーザーを使用しています。この仕組により、みみず状毛細血管の除去や小さなほくろの除去を行っています。LP-YAGレーザーを使用した手術は、5分から30分ほどになります。除去するほくろの数や大きさにもよりますが、短時間でコンプレックスになっているほくろを除去することが可能です。

レーザーによるほくろ除去

レーザーを使用したほくろ除去に不安をもつ方もいらっしゃいますが、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。局所麻酔またはアイス冷却を行うことで、レーザー照射の熱や痛みを和らげることができます。また、レーザー事態ほんの数秒ほどの照射になるので、あっという間に手術は完了するはずです。手術後のダウンタイムもほとんどないので、メイクやシャワー、洗髪は当日から可能になっています。照射部を避けることでメイクも何時も通りに行えるので、女性にとっては嬉しいメリットです。