ほくろ除去したいなら美容クリニックへ!ほくろのメカニズムと除去法

ほくろ除去でキレイに!

笑顔の女性

コンプレックスから脱出する

人にはそれぞれチャームポイントがあれば、コンプレックスもあります。それは、他人から見ると大したことのないものでも、本人からすると不安や不満につながりコンプレックスとなるのです。特に、容姿に関するコンプレックスは克服するには時間も手間もかかることが多く、中々克服できずに深い影を落とすことも。しかし、美容クリニックで行っている整形の技を借りれば、容姿に関するコンプレックスから脱出することが可能です。例えば、シミやしわ、ほくろなどは美容機器を使用して除去することが可能です。ほくろ除去は美容クリニックでも人気の施術で、ダウンタイムも少ないと日々患者がカウンセリングに訪れます。ほくろ除去は数千円程度から受けられる手術で、除去にはレーザーやガス、メスなどを利用して行われています。ほくろ除去の手術は、鼻や目を整形するのとは異なり、年齢の経過や肌の衰えによる変化もありません。ですから、若い内からほくろを取り除いても問題ないのです。美容クリニックで行われているほくろ除去は、未成年でも受けることができますが保護車の承認が必要です。また、手術費用の支払いもメディカルローンを組むことができるので、分割で支払うことも可能です。

キレイになりたいなら外見を磨く

美容クリニックでほくろ除去を行うことは、ゴールではなく美しくなる為の過程に過ぎません。除去後、傷口はすぐに完治するでしょうから、落ち着いた頃にはメイクを勉強して美しさにより磨きをかけましょう。また、日頃の紫外線対策を万全に行い、シミやそばかす、ほくろの元を作らない生活を心がけましょう。日差しが強いと感じる日は常に日焼け止めをぬり、日傘やサングラス、手袋等を利用して対策しましょう。加えて、ビタミンCのサプリを摂取すると、メラニン抑制に期待がもてます。

ほくろを取り除くか迷う場合

ほくろを取り除くか迷う方もいるでしょう。そのような場合はまず、美容クリニックや皮膚科で診断を行い、良性・悪性の診断を行ってもらいましょう。ほくろだと思ったものがメラノーマという悪性腫瘍の場合もあるため、一度は診断してもらうことをおすすめします。その結果、良性だった場合、それがチャームポイントなのかコンプレックスなのか、自分で判断して除去するかどうか決めましょう。また、メイクでカバーできる程度のものなら、無理に除去する必要もないでしょう。ただ、ほくろがあることで何かを前向きに捉えられないなら、クリニックで相談やカウンセリングを行ってもらいましょう。