ほくろ除去したいなら美容クリニックへ!ほくろのメカニズムと除去法

ほくろと悪性腫瘍

女性

良性と悪性の腫瘍とほくろ

ほくろというのは、黒く盛り上がった状態の皮膚を指します。大きさや形状には差があるものの、顔や体などあらゆる部位にできるため、場合によってはほくろ除去したいと感じる方もいます。特に、顔や首など目立つ部位にほくろがある場合、メイクやヘアスタイルでカバーできないためコンプレックスに感じることが多いのです。コンプレックスに感じているほくろを、無理に取ろうと自分で触ったり潰したりしても悪循環になるので、クリニックで診察してもらいほくろ除去が必要か判断してもらいましょう。ほくろが良性であるなら、放置しても問題はありませんが悪性である場合は、ほくろ除去が必要になります。

悪性黒色腫

悪性黒色腫はほくろに似た腫瘍であり、メラノーマと呼ばれるものになります。見かけが似てはいますが、よくよく観察すると色素や形に違いがあります。悪性黒色腫の場合は色素にムラがあるケースが多いです。また、急にほくろが大きくなる場合は悪性黒色腫の可能性が高いと判断できます。いずれにせよ、ほくろではなく悪性の腫瘍である場合は早期発見・早期除去手術が必要です。「おや?」と変化を感じた場合は、最寄りの皮膚科や美容クリニックを訪れほくろ除去について問い合わせてみましょう。

ほくろ除去費用の目安

ほくろ除去費用の目安は、電気メス(1mm)で5,000円ほど、切開 (1mm)だと9,000円ほどになります。また、炭酸ガスレーザー(1mm)なら5,000円ほどで行えます。この価格はあくまでも目安になりますが、美容クリニックであっても良心的な価格で手術を行ってくれます。ただ、美容クリニックでの手術の多くは健康保険が適用外となるので、事前カウンセリングを受け費用の見積もりを行ってもらいましょう。ほくろ除去の手術には、手術費用の他に、麻酔代、薬代などが含まれます。事前のカウンセリングは無料の場合も多く、メールや電話で対応してくれます。