ほくろ除去したいなら美容クリニックへ!ほくろのメカニズムと除去法

ほくろの疑問解消

顔に触れる女性

ほくろの除去に関する疑問

ほくろ徐々にかかる手術で多い問い合わせは、「通院」に関するものです。ほくろ除去で電気メスを使用した場合、ほくろの根が完全に取り除けない場合もあります。術後、完全に完治しているのか確かめる為に、通院が1~2回必要になることもあります。ほくろ除去に関する問い合わせでは、「傷跡」を気にする方も多くいます。確かに、顔や首元などひと目につく部位に傷跡がつくのはできるだけ避けたいでしょう。美容クリニックではメスやレーザーを使用することが多く、これらの方法でほくろ徐々を行うと2ヶ月~3ヶ月ほど赤みがかった傷跡が残ります。ただし、その状態は肌が再生する過程であるため、徐々に腫れや赤みが消えニキビのような状態になっていきます。それも落ち着けば、かさぶたを剥がしたようなうすいピンクがかった肌になっているでしょう。

ほくろが多い場合の疑問

人によっては、顔にたくさんのほくろがある方もいます。そのような方が疑問に思うこと、それは「一度のほくろ除去で何個まで取り除けるのか?」というものです。2、3個のほくろなら数回の照射で取り除けますが、20個、30個となると時間もかかります。物理的には不可能ではないものの、多くのほくろを除去すると赤みや腫れも目立ってしまいます。基本的にダウンタイムが少ないほくろを除去でも、一度に数十個のほくろを除去するとなると、痛みを感じ腫れも伴うでしょう。複数のほくろを除去する場合は日を分けて少しずつ手術する方法がおすすめです。

美白を心がける!

ほくろの大敵は「メラニン(紫外線)」です。日頃から紫外線を浴びる環境にある場合、一度ほくろを除去しても再び発生する可能性もあります。また、ほくろでなくても、シミやしわ、そばかすの原因になる紫外線は防ぐにこしたことはありません。美容クリニックでは、ほくろやシミの予防に最適なサプリメントや、美容注射も提供しているのでほくろ除去と合わせて受けるのも良いでしょう。内側と外側のダブルでケアをすることで、ほくろができにくい体を目指せるのです。